≪お知らせ≫新型コロナウィルス感染拡大に伴う通学定期乗車券の取扱いについて

最終更新: 2020年4月9日


2020年3月1日 いすみ鉄道株式会社




新型コロナウィルス感染拡大に伴う通学定期乗車券の取扱いについて




 3月2日から当面の間、全国の小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校について臨時休校とする旨の要請が政府から出されたことに伴いまして、いすみ鉄道では下記の対応をします。



1 対象となるお客様

  新型コロナウィルスの発生に伴い、通学先の学校(小学校、中学校、高等学校及びこれらに相当する特別支援学校等を含む)が休校になったため、通学定期乗車券の払い戻しを希望されるお客様(通勤定期乗車券のお客様は対象外です。)


2 払い戻しの計算方法

  お申し出日にかかわらず、最終登校日(休校開始日の前日)の翌日を起算日として払い戻しいたします。

※1か月以上有効期間が残っている場合に、使用した月数分の運賃を差し引いた額をお返しします(学期定期の場合を除きます)。

※通常の払い戻し同様、手数料210円をいただきます。


3 払い戻し取扱場所

  有人駅である大多喜駅の窓口のみとなっております。


4 ご注意いただきたいこと

(1)休校となった時点で使用していた定期乗車券をご持参ください。

(2)学校等から特別の証明書等を提出いただく必要はございません。



最新記事

すべて表示

緊急事態宣言発令に伴う運転計画等のお知らせ

いすみ鉄道株式会社は、政府からの緊急事態宣言の発令、および各自治体からの要請に伴い、1月 8 日(金)から当面の間は下記の通りの 営業 とさせていただきます。 なお、内容につきましては今後の感染状況等を踏まえ、随時見直しを行っていきます。 引き続きさらなる安全対策や感染防

全車両内へ抗ウィルス抗菌処置実施

いすみ鉄道株式会社(本社:千葉県大多喜町、代表取締役社長 古竹孝一、以下「いすみ鉄道」)は、ウィズコロナ・ポストコロナにおいても、お客様がより安心・安全にご利用いただけるよう、株式会社キャンディル様のご協力の元、9月23日(水)よりいすみ鉄道全車両に対し抗ウイルス抗菌処置を実施し

ワッペン・ワーケーション列車運行開始

いすみ鉄道株式会社(本社:千葉県夷隅郡大多喜町、代表取締役社長:古竹 孝一、以下:いすみ鉄道)と株式会社 We'll-Being JAPAN(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:野口 茂一、以下:ウェルビーイング)、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社所在地:東京都

​お知らせ / SNS
いすみ鉄道株式会社